国際結婚inアメリカ

アメリカ生活についての情報をシェアします!

悲劇が起きました。

こんにちは!Annaです。

 

今回は国際便パッケージについて悲しい経験をしたのでシェアします。

それから、これから引っ越しなどをされる方への私個人からのアドバイスです(^ ^)

 

日本からアメリカへの引っ越し、簡単ではないですよね。

車などで運べるわけもなく、引っ越し業者さんに頼むとお金がすごくかかりますし...。

 

私が実際に荷物も運んだ方法は、

まず、大きなサイズのキャリーケース2つと大きな手提げバッグを自分でアメリカに来る時に持ってきました。

キャリーケースには、彼や彼の家族・友達へのお土産、

引っ越したらすぐ必要になる衣類・日用品、

それから、ある程度すぐに必要になる重たいもの(国際便はお金がかかるのである程度お金がかからないキャリーケースにしました)・貴重品

などです。

キャリーケースはかなりぎゅうぎゅうに詰め込んでいたので、規定の重量を超え(30kgほどでした)、トータルで2万円少々支払いました。

でも、キャリーケースの方が、荷物紛失の可能性は少ないと思ったので、安心でした。

 

その他荷物は全てゆうちょ銀行から送りました。

送る方法としては飛行機:1週間前後で届くが送料が船便よりかかる

          船:届くまでに2・3か月ほどかかるが飛行機よりかなり安い

 

3か月は待っていられない荷物や食品を飛行機便にしました。

船で3か月間どのような形で運ばれるか・温度などの環境もわからないので食品は全て飛行機便にしました。

船便には、本・英語の教材や夏服(引っ越しが12月だったので)など優先順位が低く、重たいものを選びました。

 

飛行機便は実際に1週間ほどで無事に着きました。

 

ですが、悲劇が起きたのは、船便

 

f:id:uslife_anna:20190613123755j:image

 

ボロボロで届きました。

しかも、私が使った段ボールとは違いました。(え?!)

ボロボロになり、段ボールを変えてくれたが、またボロボロになったのか?? 詳細を聞ける人はいないので、謎のままです...。

 

中身は無事に入っていたかというと、ほとんどのものは入っていました。

が、いくつか買っておいたスターバックスのタンブラーは消えていました(T ^ T)

中身をメモしていたわけではないので何がなくなっているのかわからないのも惨めですが。こんなにボロボロになっていて全て無事に届くことはないですよね。

そしてさらに驚いたのが、私の私物ではないものがいくつか入っていました。

残念ながら名前は書いておらず、そして消耗品だったので持ち主の方へは返すことができませんでした。

 

日本を出てから、アメリカに着くまでの船便...。

果たしてどんな経路でどのような扱われ方がされているのか不思議ですね。

 

でも、今回は私がいけなかったと思っています。

おそらく、教材などをたくさん入れすぎて段ボールが壊れやすくなったのだと思います。

送料にケチっていっぺんに送ろうとしすぎたことを反省しています、、、

 

この経験から学んだこと・アドバイス

・重たすぎる荷物をいっぺんに送ろうとしない

・段ボールに傷がつき、中身が出てしまうことを想定して、段ボールの中身は紐で結んだり、袋にまとめておく。そしたら、中身バラバラになることはおそらくないでしょう。袋などに名前を書いておくのもいいかもしれせん。

 

まだ、実家には私物が残っていますが今回の引っ越しで、飛行機便・船便を合わせてトータルで6万円ほどだったと思います。

 

何よりも、ほとんどのものが無事についたので良かったです。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

インスタグラムもやっているので良かったら、フォローお願いします♪

http://instagram.com/uslife_anna

 

アメリカ生活について興味のあることやもっと知りたいなと思うことがあればリクエストもお待ちしています♪

ブログのコメントかインスタグラムもやっているのでそちらのコメントやDMにリクエストを送って頂ければ、嬉しいです。出来る限りリクエストに答えていきたいと思っています。

 

Have a nice day!!!

 

 

www.annablog.work

www.annablog.work