国際結婚inアメリカ

アメリカ生活についての情報をシェアします!

アメリカのバスあるある | 私の経験談(衝撃)

日本とはだいぶ異なるアメリカのバス。

私が住んでいる地域での話ですが、いろいろ経験したこと感じたことをシェアします!

  • 時間にルーズ

2〜3分の遅れは当たり前。それ以上遅れることも全然ある。

バスが停留所に早く着いても出発時刻を待たずにそのまま出発 。

出発時間になっても警備の人や同僚と話をやめず出発5分遅れ。

→それを築いているのは私だけなのか、それとも気づいているのに何も言わないのか乗客からの反応なし。

 

  • 乗客にすごくフレンドリー

乗客と話すことは本当に良くあることで、運転しながらも座っている乗客と話すのでとても大声でみんなに丸聞こえ。

バスに乗るときに”Good morning"。良く会う運転手だと普通の会話が始まる。

降りるときは"Have a nice(good) day!"からのこちらからも"You too!"

たまたま1日に同じ運転手さんに2回あったら、"Hello again!"と言われた(^ ^)

→とても優しい中年のオジちゃんで私は1番好き

もちろん何も入ってこない無愛想な運転手もいます。

 

  • 格好自由?

ある程度、ユニフォームのような決まっている服装はありますが、日本のようにスーツのようなものは着ていません。真っ黒のサングラスをしていたり、髪型にも決まりはなさそう。めちゃくちゃがたいのいい、丸坊主の男性運転手が黒い眼鏡をしている時はターミネーターやダイハードに出てそうな雰囲気のいかつさ、、、

 

  • 謝らない

遅れは当たり前と言いましたが、100回ほどバスを利用していて、謝っている運転手を見たことがありません。

25分遅れたバスが謝りもなかった時はさすがにびっくりしました。

それと同時にこれが普通なんだなと諦めもつきました。

遅れるのは仕方ないことで運転手に要因があるわけではないかもしれませんが、遅れた自覚があるなら一言言ってくれた方がこっちも気持ちがいいし、と私は思うのですが、きっとアメリカ人の乗客は気にしないんでしょうね。

 

だから、外国人が日本に来た時に電車の2、3分の遅延でもアナウンスで謝ることにすごく驚くんだと、、、。

 

  • 運転手が乗客に対して厳しく注意する

ものすごく態度の悪い乗客やルールを守れない乗客に対してはきちんと厳しく注意をします。それでも抵抗したり、言うことを聞かない場合は、”いますぐバスから降りなさい。でないといますぐに警備に連絡をする”と警告をするのです。女性の運転手が男性の乗客に対してしっかりと注意をするのでものすごくたくましいと思いました。

そのあとも男性はしつこく降りようとしないので、運転手は”わかった、電話するわ”と警備に連絡をし、、男性は降ろされました。

日本では乗客に対して降りろと言う運転手はなかなかいないですよね。”お客様、落ち着いてください..."というようなイメージ。

 

  • 停車の合図はこの黄色の紐を引っ張る

f:id:uslife_anna:20190815104633j:plain

 

黄色やグレーなど車種によって色は変わります。

初めて乗った時はそんなこと知らなかったのでどうしたらいいのかわからずでした。

大型バスや地域によってはボタンが主流のところもあります。

 

  • 停留所の名前のアナウンスなし?!

これは始めのうちはものすごく驚きました。

”だって降りるところわからないじゃん!”

そう思いますよね?

そろそろ降りたいところだなと思ったら窓の外を見て自分でタイミングを計って合図をします。慣れていないと、早く合図しすぎて一個前に停留所で止まったり、遅すぎたりなど、、、。

今ではアナウンスがないことにすっかり慣れてしまいましたが、慣れていない地域に行く時はかなり集中したり、自分の携帯でgoogle mapをひらいてバスがどこを走っているか見ながらタイミングをはかります。

 

みなさんも、他国での交通機関でとても驚いた経験ありますか?

良かったらコメント欄で教えてください(^ ^)

 

www.annablog.work

www.annablog.work

www.annablog.work

www.annablog.work

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

Have a good day!